\ TikTok始めました -フォローお願いします- /

ディプティック『タムダオ』レビュー|ウッディ系の定番香水を紹介

 

こんにちは。Mr.Fragrance(@MrFragrance_jp)です。

今回は、香水業界で地位を確立しているディプティックのウッディ系の定番フレグランス「タムダオ」について紹介してみます。

 

 

タムダオの評価
おすすめ度
(5.0)

 

ディプティック タムダオ(Diptyque TamDao)について

 

ディプティックの中でも確固たる人気を誇るフレグランスの1つが、今回紹介する「タムダオ」です。ディプティックの公式サイトでもベストセラーとなっており、約20年間その人気は揺るがない定番香水の1つになっています。

ということで、今回はこのタムダオの素晴らしさについて、この記事で語らせていただければと思います。

 

ディプティック タムダオ オードトワレの香りをレビュー/Diptyque Tam Dao Eau De Toilette Scent Review


※私物の50mlボトル

主な香料:サンダルウッド、 シダー、 サイプレス 

 

Diptyque(ディプティック)とは

 

ディプティックは、1961年にフランス・パリで創業した香水やアロマキャンドルを中心に販売するメーカーです。

創業者は3人の芸術家で、画家のデスモンド・ノックス=リット氏、デザイナーのクリスチャンヌ・ゴトロ氏、舞台美術家のイヴ・クエロン氏です。

今回紹介する「タムダオ」は2003年に発売されました。

それでは、次に「タムダオ」の香りについて紹介していきます。

 

Tam Dao(タムダオ)の香りをレビュー

 

“タムダオ”はベトナムにある森の思い出から着想した香りで、”タムダオ”という名前は実在する町の名前から来ています。

白檀の香りが好きな人にまず試して欲しい作品です。

 

タムダオは、森の中にいるようなミルキーで甘い木の香りが特徴です。

サンダルウッドやシダーを中心に、クリーミーでほのかな甘さのある白檀の香りが合わさり、上品で全てのウッディ系の香りのど真ん中にあるようなイメージです。

 

万人受けする香りながら他ブランドに似たような香りがないので、印象的で嗅ぐとすぐにタムダオだと分かるのも魅力のひとつだと思います。

ザ・サンダルウッドの香りで、優しいお香のような香りが好きな方に一度は試してほしいウッディ系の定番香水です。

ディプティック オードトワレ タムダオ

 

 

ディプティックこだわりのボトルのディテールを少し紹介します。

ディプティック タムダオ オードトワレのボトルのディテールをレビュー/Review of Diptyque Tam Dao Eau De Toilette

ディプティック タムダオのボトルのディテール

 

タムダオの正面ラベル。

 

タムダオの背面ラベル。草木が生茂る森をゾウが歩いてる姿が描かれています。

 

ディプティックの背面ラベルの絵柄は、香りがイメージしやすく趣があるので、僕は好きです。

 

タムダオの感想をぜひお気軽にお聞かせ下さい。皆様の投票をお待ちしております!

タムダオは好きですか?

結果を見る

Loading ... Loading …

 

まとめ

 

今回は、ディプティックの人気の香り「タムダオ」を紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか。

香水を選ぶ際の参考になれば幸いです。

 

記事について分からないことや香水について知りたいことなどありましたら是非  X (@MrFragrance_jp)または、コメント欄にリプライを送って下さい。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

Diptyque(ディプティック)とは

 

1960 年代のパリの芸術、知性、そして華やかさの中心地であったボヘミアンなサン・ジェルマン・デ・プレ地区。この場所で、異なる分野の3 人のアーティストが出会い、共通の美意識、自然への愛、そして飽くなき好奇心によって結びつきました。それがクリエイティブな冒険の始まりです。

ディプティックは独自の世界への扉を開きます。そこは、イマジネーションが自由に駆け巡り、創造性が解き放たれる空間で、夢と現実の間にあり、また親密さと普遍性が共存する空間です。

出典:ディプティック公式(https://www.diptyqueparis.com/ja_jp/c/about-diptyque.html)

 

ディプティックは、元々アロマキャンドルで有名になったブランドです。キャンドルの小さな炎の揺らめきを眺めていると、とてもリラックスできるので、日々の癒しの時間になっています。

 

タムダオについて

 

インドシナの神聖な森の思い出。寺院で焚かれるサンダルウッドの、かすかにスパイシーで柔らかいベルベットのような香り。 マイソール産サンダルウッドのかすかにスパイシーな香りです。インドシナの森と神聖な寺院。アジアのスパイスがサンダルウッドとそのクリーミーなニュアンスを捉え、「タム ダオ」の故郷を思わせます。

ストーリー

アジアのスパイスがサンダルウッドとそのクリーミーなニュアンスを捉え、「Tam Dao(タム ダオ)」の故郷を思わせます。

インドシナの神聖な森の思い出。寺院で焚かれるサンダルウッドの、かすかにスパイシーで柔らかいベルベットのような香り。メゾンの創業者の1人 イヴ・クエロンは、子供時代のこの香りを忘れることはありませんでした。マイソールのサンダルウッドの崇高な香りが特徴です。

東インドのサンダルウッドの良質な成分を得るため、樹齢60年以上の木だけを使用しており、極めて希少なエッセンスが抽出されます。

出典:ディプティック公式(https://www.diptyqueparis.com/ja_jp/p/eau-de-toilette-tam-dao-50ml-1.html)

 

タムダオの香りのピラミッド

香りのピラミッド サンダルウッド、シダー、サイプレス

 

タムダオの印象

 

僕が感じたタムダオの印象を紹介していきます。

 

種類 オードトワレ
系統 ウッディ
持続力 4時間
性別 ユニセックス
季節 秋、冬
シーン 休日のリラックスしたい時に
印象 柔らかい、落ち着く

 

ぜひ一度、試してみてください。

ディプティック オードトワレ タムダオ

 

 

最後にディプティックの香水をランキング形式で紹介しています。

 

こちらの記事ではディプティックのおすすめの香りを紹介しています。よろしければご覧ください。

ディプティックのおすすめ香水TOP5&人気の香り3選|私物レビュー

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください