秋におすすめのメンズ香水ベスト3!香水マニア推薦のいい香りを紹介!

MR.FRAGRANCEです。

季節が夏から秋に変わり、夜の散歩の時の風が心地よくなってきました。

 

季節の変わり目と同時にサイトをリニューアルし、サイト名もMR.FRAGRANCEから”FRAGRANTICA JAPAN”へと変更しました。日本人に合った香水サイトがどこにも見当たらないこと、本当の香水の情報を知っている人が少ないことが移転した理由でもあります。

 

これから、日本人に合う香水や香水に関する確かな情報をお届けしていきます。

 

最初は趣味で香水を集めていたのですが、その奥の深さに気づくと1,500種類ほどの香水の香りを嗅いでいました。ランキングのサイトを見ると日本で流通している香水は、男女各20種類程度にとどまっています。あまりの香水の種類の少なさに落胆しました。そして何か違和感を感じました…。どこを見ても同じことが書いてある。

 

現在は、柔軟剤に香りが大流行しているので香水の存在感が薄れているとも感じています。香水は本来、体臭を隠すためのものでした。しかし、現代の香水はファッションアイテムとして海外では重宝されています。

日本のように柔軟剤に頼るのではなく、香水の持っている香水の役割を存分に発揮できるようにしていきたいと思います。

 

熱く語りすぎましたね(笑)それでは、本題に入っていきます。

今回は、待っていた方も多いとは思いますが”秋におすすめのメンズ香水”をピックアップしてみました。香水の選び方が分からない…夏につけていた香水との差をどうつければいいのか…。そんなお悩みの方へ。

 

僕が紹介する秋のメンズ香水の選び方のポイント日本人に合う日本人のための香水をご案内していきます。ぜひ、お楽しみ下さい。

 

 

No.3 エルメネジルド・ゼニア インテンソ EDT

まずご紹介したいのは、ご存じの方もいらっしゃると思いますが、高級スーツ生地メーカーとして現在も高い知名度を誇っているゼニアの香水です。そして、調香師はダニエラ・アンドリエさんです。約50種類ものプラダの香水を作られている方です。

 

(出典:https://www.livemaster.ru/topic/2430261-parfyumer-daniela-roche-andrier)

 

春や夏は、爽やかな香りを意識してランキングを選んできました。少し涼しくなってきた秋からは、夏には使えなかったウッド(木)やレザー(革)の香りを上手く取り入れていくといいと思います。そうすると、普段のファッションにより垢抜けた印象を与えることが出来ます。

主な香りは、レモンオレンジのような柑橘系ですが、実を言うとウッドの香りが隠されています。

 

クドくないウッドの香りを作り出すのには、ベチバーと呼ばれる植物の香りが関係しています。

 

ベチバーとはインド原産のイネ科の植物でシャネルのNO.5のベースノートにも使われている植物です。香水の歴史を語る上では欠かせない高級なウッディベースを演出するポピュラーな香料になります。

 

f:id:MensFragrance:20170115094339p:plain

出典:Vetiver perfume ingredient, Vetiver fragrance and essential oils Vetiveria Zizanoid

 

この香水は、シーンを選ばずに使えます。爽やかさも備えてさらに大人の雰囲気も演出したい方におすすめです。フォーマルでもカジュアルでもどんなシーンにも利用できます。

 

 

No.2 ペンハリガン エンディミオン EDC

出典:penhaligons

 

ペンハリガンは、英国王室御用達のブランドで高級美容院にルーツを持ちます。フランス製香水があふれる中でペンハリガンの香水は、イギリスブランドでイギリス製を貫くポリシーが何とも英国紳士っぽくて好感がもてます。

男性用香水によく利用されるラベンダーの香りが主として使われ、そこにウッド(木)の香りが隠れています。ペンハリガンの香水に共通して配置されている蝶ネクタイがボトルデザインのアクセントになっていて垢抜けた印象です。

 

高温多湿の日本では、夏にウッドとレザーを使うと匂いがしつこくなりキザな印象を与えます。

個人的にレザーやウッドの香りをあまりにも全面に押し出した香りは好きですが、秋冬であっても日本での普段使いにはしつこすぎると感じていて、さり気なく隠れてる香水の選択がベストです。(僕のようにレザー全開の香りを家で嗅ぎまくるような変態は別として…笑)

 

このエンディミオンはペンハリガンの中ではオーパスやブレナムブーケに比べると個性は少ないです。その半面嫌味の無い甘みや、香りから感じる上品さは最強です。

個人的にはブレナムブーケも凄く好きなのですが、女性に嫌いな人が一定数居る印象があります。

 

またスーツスタイルはキリッとしますが、カジュアルには合いません。その反面エンディミオンはビジネス、カジュアルどちらにも使える万能選手で強いです。

ペンハリガンの香水を使ってみたいけど、どれが良いか分からない人はエンディミオン一択でしょう。

 

 

 

No.1 クリスチャン・ディオール ディオールオムスポーツ EDT

 

 

一位はディオールオムスポーツです。夏の一位に引き続きディオールオムシリーズになりますが、ディオールの回し者ではないので安心して下さい。

 

このディオールオムスポーツも基本的にはレモンやベルガモットなどの柑橘系の香りなのですが、ディオールオムコロンとは明確な違いがあります。

2位、3位で紹介した香水と同じように柑橘系+ウッド(木)の香水です。俗に言うシトラスウッド系の香水です。

 

ディオールオムスポーツは、紹介した他に2012年と2017年にもリニューアルされています。

 

僕が持っているボトルは2008年に発売された初期のボトルですが2012年はサンプルを持っていて2017年のボトルはつい先日試してきました。

 

結論から言いますと、この3つには大幅な印象の違いはありません。

しかし香りの違いは確かに感じて、2012年版、2017年版と次第に柑橘系の爽やかな香りが全面に押し出されてウッドやレジンなど香りに色気を与えるような香りが少し後ろに隠れた印象があります。

ディオールオムEDTは2011年版で調香師がオリビエ・ボルジュからフランソワ・ドゥマシーさんに変わりました。

しかし、このディオールオムスポーツEDTは2008年版、2012年版、2017年版、すべてがフランソワ・ドゥマシーさんの調香です。雰囲気だけが変わらないのは、このおかげでしょうか。

良く言うと扱いやすい香水に変化したということですね。この変化はクセの強い香水が敬遠される日本では好ましい変化ではないでしょうか。

ディオールオムスポーツはディオールオムコロンの柑橘の爽やかさ全開のスースーした香りと違って落ち着きがあります。

 

なんといっても僕が一番好きなフランソワ・ドゥマシーさんが調香師です。

現在クリスチャン・ディオールの専属調香師を務められており、ディオールの香水はこの方に支えられていると言っても過言ではありません。日本で大ヒットしているレディースのブルーミングブーケや夏のおすすめランキングで挙げたディオールオムコロンもこの方の作品です。

 

フランソワ・ドゥマシーさんの動画です。日本語字幕があるので、調香師さんの調香風景を見てもっと香水を身近に感じて欲しいので是非ご覧ください。

 

非常に嫌味なくウッドの香りを使った秋には完璧とも言える香水です。是非僕を信じて使ってみて下さい。

 

 

 

香水について僕が伝えたいこと

 

香水を付けるということには人それぞれ目的があると思います。

自称香水通の多くは、やたらと手に入りにくい香水や、一般の人が聞いたことが無いブランド、「複雑で素晴らしい」などと言い一般受けからは程遠い香水を推奨したりしますが、僕はそのようなことは求めません。

 

人に良い印象を与えるために香水を使いたい人に、香水の「香りが複雑だ」とか希少性とか、歴史を伝えたところで「臭い」と思われてしまうとそこで興味が尽きてしまいますよね。人に良い印象を与える目的を果たせないと考えるからです。

 

完成度が高くて、素晴らしい歴史をもった希少価値のある香水であってもその人にとってはただの「臭い香水」なのです。そもそも香水に求める目的が違うのです。(僕も家だけで楽しむ香水を沢山所有しています。)

僕は皆さんにもっと香水を使うきっかけを作り、香水を身近に感じてほしいという思い出記事を作成しています。

 

日本にも海外のように数ある香水の中から自分の好きな香水を選べるような文化ができ、柔軟剤のおまけの香り選びが普及する今の文化を変えたいと思っています。

そのきっかけ作りとして香水の選択肢を増やしてもらいたい、一般の多くの人にいい香りだと思ってもらえる香水を紹介したいと思いました。

 

紹介した香水を使ったことをきっかけとして、数々の香水ブティックを周り、自分の良いと思う自分だけの香水を使う。そのような形が一番理想的な形だと思っています。なぜなら香水において自分の意見をもったということになるからです。

人気ランキングに惑わされる必要はありません。

 

そのために僕は印象の良い香水だけど、まだあまり知られていない香水=いい香りだけど、被らない香水をおすすめの香水としてランキングを作成しています。人気ランキングではありません。人気ランキングにはない香水を知ってもらい、香水という文化に触れてほしいです。

まずは多くの方にきっかけを持ってもらうことが必要です。

香水という文化はとても楽しめる文化です。一緒に楽しんでいきましょう。

 

エルメネジルド・ゼニア インテンソの感想をぜひお気軽にお聞かせ下さい。皆様の投票をお待ちしております!

エルメネジルド・ゼニア インテンソは好きですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...

 

エンディミオンの感想をぜひお気軽にお聞かせ下さい。皆様の投票をお待ちしております!

エンディミオンは好きですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...

 

ディオールオムスポーツの感想をぜひお気軽にお聞かせ下さい。皆様の投票をお待ちしております!

ディオールオムスポーツは好きですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...

 

香水の使い方を解説した記事を公開しました。興味がある方は是非こちらもお読み下さい。

メンズの香水の付け方!量やプッシュの回数は?香水マニアが徹底解説!

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

5 COMMENTS

アニュー丸山

こんにちは。移転前から毎回楽しみにしている者です。そろそろ秋のランキングが出る頃かな~と思っていたので、うれしい限りです。

このたびは、移転おめでとうございます!かの有名な香水レビューサイト「fragrantica」の日本版を、Mr.Fragrance様が作成してくれるなんて、今後の発展がとても楽しみです。

恥ずかしながら、こちらの香水レビューをいつも参考にしておりまして、ちょうど半年前から今回ようやく1位を取れた「ディオールオムスポーツ(2017)」を愛用しております(実は過去ランキングに登場した香水は全て購入しちゃいました・・・どれも本当に素晴らしい香りですね)。

もしお時間があれば、ぜひランキング形式だけでなく、単一の香水にまつわる様々なレビューなどもしていただくと、とてもうれしいですね。ランキング常連の名香のほかにも、Mr.Fragrance様の香水ワールドをぜひもっと教えてほしいです!今後も、楽しみに新記事を待っています!

返信する
Mr fragrance

こんにちは。
コメントの内容にとても感動しました。
本当にありがとうございます。

いつも参考にして頂き嬉しいです。

単一の香水レビュー是非参考にさせて頂いて、取り入れていきます。

知りたい事などがあれば是非またコメント下さい!
今後もよろしくお願いします。

返信する
amasato

秋のオススメ香水の記事、
待ってました(^^)
ふらっとデパートまで香りを嗅ぎに行ってきます(笑)

香水を選ぶ基準って結構難しいな、
と思っています。
好きだなと思って買ったけど、飽きてしまったり。。
最近は自分の外見や雰囲気に合う香水、
という基準で購入しています。
(個人の香水ショップで自分に合う香水を選んでもらったり)

もっと自由に香りを楽しみます!
今回も素敵な記事をありがとうございました(^^)

返信する
Mr fragrance

お待たせしてしまいましたね(汗)
すみません!

ちょうど僕も明日デパートやブランドブティックを一日中廻って香水だけに浸る一日を過ごします(笑)

自分に合う香水選びは本当に難しいですよね。
なので日本でどのサイトも特定のいくつかの香水を、同じようなおすすめランキング構成で記事にしていることには疑問を感じています。

やはり僕は出来るだけ選択肢を増やして、その中から自分に合うものを選んで季節ごとに変えていくのがベストだと思っています。
是非今後も自由に香水を楽しみながら選んで下さい!
また知りたいことや気になることがありましたらコメント下さい!

今後もよろしくお願いします。

返信する
Royce

こんにちわ
信頼度の厚いサイトさんなので
いつも参考にさせてもらってます
丁度季節の変わり目でシトラス系の香水から
ウッド系の香水を探していたところ記事が出ていましたので丁度!と思いコメントさせていただきました
まだまだ歴は薄いのでこちらのサイトさんがとても役に立ちます
これからも新記事をお待ちしてます!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください