【ロジェガレ香水】フィグリーフ パフュームウォーターを購入レビュー

 

今回は先日購入したロジェガレの新作ロジェガレ フィグリーフパフューム ウォーターのレビューと僕が思うおすすめの香水を紹介していこうと思います。

ロジェガレのパフュームウォーターはルームミスト的なモノなのか香水なのか表現が分かりづらいという方も多いと思います。

何なのか結論から言うと香水(オーデコロン)です。ボトルのラベルを見るとオーデコロンと表記があります。

パフュームウォーターという言葉を使っているのは恐らく軽やかさを表現したいのかなと思います。

実際に店員さんからもパフュームウォーターは軽やかな香りばかりなのでルームフレグランスとしても使えます。と説明を受けました。

 

ではまず香りの前にロジェガレというブランドについての説明をしていこうと思います。

 

ロジェガレとは

 

意外に思われる方も多いと思われますがモダンで可愛らしい店舗のイメージとは裏腹に、始まりは1862年と約150年以上の歴史を持つ老舗のブランドです。

日本には2013年に来たばかりで、上陸してからはまだまだ日の浅いブランドです。

創業当初はバカラクリスタルをボトルに使ったり高級な商品をメインに取り扱うブランドで、ナポレオンが使用していた香水ブランドとしても有名です。

現在は比較的手に入り易い価格設定ですが、天然香料をふんだんに使用したつくりでコストパフォーマンスに優れたブランドと言っていいと思います。

お店の雰囲気からレディース商品のみの取扱いのイメージがあったのですが、しっかりメンズラインの作品も作ってあります。

また男性も使えるユニセックスな香りもたくさんあるので是非男性の方もロジェガレを香水選びの選択肢に加えてみて下さい。

実店舗の出店は現在15店舗あります。

東京都は新宿、池袋、銀座、品川

神奈川県は川崎と横浜に2店舗。

千葉県はペリエ千葉の4階。

愛知県は名古屋のタカシマヤゲートタワーモールの4階。

大阪府は阪急うめだ、ルクア大阪の8階、天王寺ミオ本館の2階、西宮ガーデンズ南モール1階。

北海道は札幌ステラプレイスの地下一階。

福岡県はアミュプラザ博多の1階です。

お近くにお立ち寄りの際はぜひ足を運んでみて下さい。

 

フィグリーフパフュームウォーター

※今回購入した50mlボトル

 

フィグリーフパフュームウォーターは今年の5月14日に発売されたばかりの新作で、僕も気になって発売日当日にロジェガレさんの店舗に試香に行きました。

結果、発売日当日に購入という流れになったので今回香りのレビューをしていこうと思います。

ロジェガレは有名な調香師フランシス・クルジャンが調香したフィグがベストセラーで代表的な作品にもなっているので、今回のフィグリーフの発売にも注目が集まっていました。

フィグは日本語で「いちちじく」という意味です。

なので今回発表されたフィグリーフは「いちじくの葉」という名前の香水になります。

実はいちじくは香水の香料としてもよく使われる代表的な香料で、果実と思われがちですが、厳密にいうといちじくは果実では無くて花の集合体です。

特徴のあるクリーミーで魅力的な甘い香りを持っています。

僕はいちじくの香りを使った香水が前から好きでディプティックのフィロシコス、ラルチザンパフュームのプルミエフィグエ、アクアディパルマのフィーコディアマルフィなどは特にお気に入りです。

今回ロジェガレはフィグリーフをユニセックスフレグランスとして発表していたので男性でも使いやすいフィグ香水になっているのではないかと発売前から心待ちにしていました。

次は実際嗅いでみた香りの説明をしていきます。

 

フィグリーフの香り

 

まず試香紙につけてすぐ感は、葉の青っぽさと柑橘系のベルガモットの香りがスーッと鼻を抜けていきます。

ここからすぐにいちじく特有の甘い香りがしてくるのですが、想像していたよりは甘いという印象でした。

試香する前はいちじくの葉の香水ということで、グリーン調で少しさり気なくいちじくの甘みを持った香りを想像していたのですが、実際のイメージはその逆でした。

トップが抜けるといちじくの甘みが広がってフィグと比較すると大分甘みは控えめですが、フィグ特有の甘みはしっかり主張してきて半々かそれ以下くらいで葉のグリーン調の香りが存在しています。

いちじくの葉を実際に嗅いだことがないので香りは分かりませんが、いちじくの葉自体が結構甘い香りなのではないかなと想像しています。

ミドル以降はフィグにはないシダーのウッディノートがしっかりと香りを支えていて、フェミニン全開かと聞かれると違って、落ち着きも感じる男性が付けても違和感を感じない安心感があります。

全体的にトップからミドルはフェミニンよりのユニセックス、逆にミドル以降はメンズよりかなという印象でした。

想像とは異なる香りでしたが、僕にとってはバランスの取れた好きな香りだったのでロジェガレ フィグリーフパフューム ウォーターの購入を決めました。

 

ボトルのデザイン

 

ロジェガレパフュームウォーターのボトルは凝った仕様が多いなと感心したので、今回購入した50mlボトルを紹介したいと思います。

まずキャップの天冠にはロジェガレのロゴが入った金色のプレートがついています。

 

キャップを外すとスプレーキャップの天冠にもロジェガレのロゴが刻印されています。

 

ボトルの裏側にはいちじくの実と葉が描かれていてボトルの表から透けて見えるようになっています。

 

※私物のオスマンティウスの50mlボトル

 

このように作品によって絵柄が違って例えばオスマンティウスはこのように金木犀が描かれています。

 

 

最後にクルジャンなど高級なメゾンブランドの仕様でよく見るスプレーノズルが目立ちにくい透明度の高いものを使用しています。

ここまで拘っているのはさすがだなと感じました。

豪華さはありませんが、工夫を感じるお洒落な仕様や配慮を感じていいなと思っています。

 

 

まとめ

 

僕はもともとロジェガレのフィグの香りが大好きでしたが、甘みが強いフェミニンな香りなので男性が日常使いするのには難しいかなと思ってフルボトル購入までは至っていませんでした。

なので今回ユニセックスフレグランスとしてフィグリーフが発売すると聞いて心待ちにしていました。

少し想像と違った香りではありましたが、結果とても気に入ったのでよかったです。

フィグリーフパフュームウォーターはオーデコロンと表記があるのですが、僕の肌で4時間弱もつので香り持ちも良い方だと思います。

公式サイトを覗いてみると早くもベストセラーの3位になっているみたいですね。

モダンな甘みのあるフルーティな香りで10代~30代くらいの方にユニセックスフレグランスとしておすすめします。

 

フィグリーフパフュームウォーターの感想をぜひお気軽にお聞かせ下さい。皆様の投票をお待ちしております!

フィグリーフパフュームウォーターのおすすめの季節は?

結果を見る

Loading ... Loading ...

フィグリーフパフュームウォーターは好きですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...

 

7月13日に限定で発売されるマンダリンも気になっているので、発売されたらすぐ試しに行こうと思っています。

記事について分からないことや香水について知りたいことなどありましたら是非Twitter(@MrFragrance_jp)

または、コメント欄にリプライを送って下さい。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください