ラルチザンパフュームのおすすめ香水TOP5!香水好きが男性目線でレビュー

 

最近更新が遅くなってしまい申し訳ありません。

今回は個人的な好みも含めてラルチザンパフュームのおすすめを5つを紹介していこうと思います。

まずはラルチザンパフュームを知らないという方のために今回も軽くブランドの説明をしていこうと思います。

 

ラルチザンパフュームとは

 

ラルチザンパフュームは1976年に創業されたフランス語で「香りの職人」の意味を持つ香水のメゾンブランドです。

香水のメゾンブランドとしてはとても有名で、香水好きな人は一度は聞いたことがあると言っても過言ではないくらいの知名度があります。

最近はメゾンブランドとかニッチ香水と呼ばれる拘りを多く持った香水が注目を浴び始めていますが、そのきっかけをつくってきたブランドとも言われています。

日本でも著名な調香師のジャン・クロード・エレナさんも以前ラルチザンパフュームで活躍されていました。

最近は以前のゴージャスでカラフルだったボトルのほとんどが黒っぽいシックな色に大幅にリニューアルされたことも話題になりました。

ではランキングを紹介していきます。

 

No.5 シュールエルブ  EDC

出典:L’Artisan Parfumeur

 

シュールエルブは2017年に発売された新しい作品で、ラルチザンパフュームが表現した「草上の昼食」

春を感じさせるような軽やかな香りで、クセも少なく使いやすいです。

新作として紹介されていた当時、デパートで試香させていただいて第一印象から好感を持ちました。

最初はレモンやベルガモット、ネロリなどがメインですが、あまり柑橘系の香りには寄っていなくて葉っぱのようなグリーンノートを強く感じます。

オーデコロンということもあってか終始どっしりと香ることはありませんが、中盤あたりから爽やかな香りがウッディ調に落ち着いてきます。

肌の乗せするとアンバーウッドやホワイトムスクも半ばから結構香ってきて中性的だった香りから男性的な香りに変化してくるように感じました。

個人的にはトップの爽やかな香りよりも、中盤辺りからの落ち着いたウッディ調でホワイトムスクの清潔感も感じる香りが気に入りました。

是非海外製の柔軟剤や安くてキツめの香水を使っている20代の男性にはこんな香りを使ってほしいなと思います。

 

ラルチザンパフューム シュールエルブEDC

 

No.4 ロードラルチザン  EDT

出典:L’Artisan Parfumeur

 

 

ロードラルチザンは日本語で「ラルチザンの水」を意味します。

この香りは最初は好きではなかったけど後々好きになっていってフルボトルまで購入した香水で、僕の中では印象深い香りの一つです。

最初小分けで試した時の第一印象は、ちょっと水っぽい感じとか、バジルやミントのスッとするグリーンの香調とかで正直味気ないという印象が強かったのを覚えています。

でも何度もかいでいる内に気になってくるというか、自然と手が伸びている結構僕にとってはクセになる香りでした。

これを作り出しているのが水っぽさかなと思います。

これが個人的にはツボで作り込まれている中にも抜け感というか、香料をゴテゴテに詰め込み過ぎてない感じがして複雑な香水を纏って鼻が疲れたなと感じるときに、さらっとロードラルチザンを纏ったりしています。

香調からだと男性的な感じもしますが、透明感も持ち合わせた香りなのでフォーマルな格好で女性が纏うのもカッコいいなと思います。

 

 

 

No.3 プルミエフィグエ  EDT

出典:L’Artisan Parfumeur

 

3位はプルミエフィグエです。実はこの作品は世界で初めて調香されたいちじく香水です。

今でこそディプティックのフィロシコスやアクアディパルマのフィーコディアマルフィなど良いいちじくの香水が沢山ありますが、もしかするとプルミエフィグエが無かったら存在しなかったのかなと考えるととても偉大な作品だなと思います。

 

出典:fumerie parfumerie

 

この香りの調香師を務めたのはオリビア・ジャコベッティさんで、ディプティックのフィロシコスも彼女の調香した作品です。

最近ののいちじくの香りがする香水はお洒落で可愛らしい香りのイメージのが多いイメージですが、プルミエフィグエは果物の青臭さというか生っぽさも残っているような感じがします。

ミドルからはアーモンドミルクなどココナッツやドライフルーツの甘みも感じられて美味しそうな香りに変化してきます。

いちじくの香水は女性っぽいかなと感じる香りが多いですが、プルミエフィグエは男性にもおすすめしたいミルキーでほんのり甘い優しい香りです。

 

 

 

No.2 タンブクトゥ  EDT

出典:L’Artisan Parfumeur

 

タンブクトゥはラルチザンパフュームの中では代表的な香りの一つで、よくお寺の香り~とかお香の香り~に形容される香りです。

今回紹介しているラルチザンの香水の中では一番玄人好みと言いますか、ひとクセありますが一番クセになる完成度の高い作品なのではないかと思っています。

最初の香調はお香のようなスモーキーな香りがどっしりしていて、しばらくすると柔らかく変化してくると甘さを感じてきます。

これがただのお香の香りとかでは言い表せない魅力をもっていてマンゴーやドライフルーツ、カルダモンなどで複雑に構成されています。

複雑でありながら心地よく香る作品で、「キツい香水」といったイメージはありません。あくまで複雑だけど心地よい香りといった表現がしっくりきます。

好き嫌いが分かれる香りではありますが一度ハマると手放せない香りというイメージで、購入者にもリピーターが多いのではないかと予想します。

先日海外俳優さんが使っている香水を調べていてヒュー・ジャックマンさんがタンブクトゥを使っていることが判明し感動しました。

玄人好みとは言いましたが、ラルチザンパフュームの香水を試すにあたって外してほしくない香りでもあるので是非試して欲しい作品です。

 

 

 

No.1 パッサージュダンフェ  EDT

出典:L’Artisan Parfumeur

 

パッサージュダンフェはフランス語で何と「地獄通り」という名前。

名前の由来はフランスに実在するパッサージュダンフェ(地獄通り)という通りの名前です。

以前ラルチザンパフュームの本社があった場所なのだそうで、そこから名付けられたみたいです。

名前から連想するとついつい猛烈にスパイシーな香りなんかを想像してしまいそうですが、香りは一転して心地よいウッディ調の香りです。

ウッディな香りといっても巷に溢れているメンズ香水にありがちなどぎついウッディでは無くて、有名所でいうとディプティックのタムダオのような優しいウッディ。

香調はお香のような少しスモーキーさと、あまり主張はしてきませんが、ユリの花の少しのホワイトフローラルが特徴的です。

ずっとスーハーしていたくなるような心地良い香りで、ラルチザンの中でもクセが少なく使いやすい香りです。

初めてラルチザンの香水を買おうとお考えの方には是非試して頂きたい作品で、僕が一番好きなラルチザンの香りです。

 

 

 

まとめ

 

今回は僕の個人的に良いと思うラルチザンパフュームの香水を5つ紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか。

ラルチザンパフュームは一般的なファッションフレグランスに比べると好みが分かれる香りが多い半面で、特徴があるものが多いので強く惹かれる香りが沢山あります。

ボトルチェンジ後に香りも変わってしまったという世間の声もあってボトルチェンジ前の香りを知らないので何とも言えませんが、僕は今のラルチザンの香りも好きです。

最近はラルチザンらしくない軽やかな香りが出てきたことに驚いたりしましたが、今後も注目してサーチしていこうと思っています。

 

記事について分からないことや香水について知りたいことなどありましたら是非Twitter(@MrFragrance_jp)

または、コメント欄にリプライを送って下さい。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください