\MR.FRAGRANCE 最新情報はこちら/

ペンハリガンポートレートの魅力とは?僕がおすすめする香りを5つレビュー

 

今回はペンハリガンの特別なラインであるポートレートコレクションのレビューをしていこうと思います。

1870年創業の老舗香水ブランドであるペンハリガンが、2016年に新シリーズとして発売した高級ラインです。

ペンハリガンのポートレートシリーズはその高価な価格設定にも関わらず人気を博しているようで、4種類で始まりましたが、日本未発売の作品も含めると現在17種類まで種類を増やしています。

僕も前々から注目していて、少しずつ小分け香水を買って試していました。

海外の量り売りサイトも利用したりして、つい先日ハロッズの限定品を除いたポートレートシリーズのほぼ全種類を試し、先日ついにフルボトルの購入に至ったので今回レビューしていこうと思います。

まず僕が感じたポートレートシリーズの魅了を紹介してみます。

 

ポートレートシリーズの魅力

 

①個性的なストーリー

 

ポートレートシリーズの魅力のひとつに独特のストーリー性にあります。

最近では香水を実際に手にとって試して分かる印象のみではなく、その香水が作られたストーリー性やバックボーンにも焦点をあてて作るブランドが増えています。

ペンハリガンのポートレートシリーズもその流れを汲んだような作品作りとなっています。

テーマはイギリスの上流階級。

面白いのが、英国貴族の表向きのキラキラとしたイメージではなく裏のドロドロした人間関係を描いていること。

ポートレート(肖像)ということで、それぞれの香りが一人のひと(登場人物)に見立てられており、性格や立場などが香りで表現されています。

しかもそれぞれが相互に関係を持っていたりします。例えば、親子だったり、はたまた愛人関係だったり..

そのため高価格にも関わらずポートレートシリーズでいくつも集める方もいらっしゃるほどです。

 

ボトルデザイン

出典:penhaligons.com

 

特徴的なボトルデザインも魅力のひとつです。

このジョージのボトルを初めて見た時はボトルデザインだけで欲しいと思った程でした。

ペンハリガンの香水は、丸い球がついたキャップに蝶ネクタイがトレードマークですが、ポートレートシリーズはひと味違います。

動物を模したキャップは真鍮で出来ておりずっしりと重たく、ボトルのガラスも通常ラインのものより分厚く重厚感を感じる作りとなっています。

箱も大きく豪華で、通常ラインのペンハリガンの香水と比べると一回り、ふた回りくらい大きく華やかな作りとなっています。

鮮やかで印象に残るイラストはアーティストのクリスティヤーナ・S.ウィリアムズさんとのコラボなのだそう。

 

香り

 

やはり一番の魅力は香りで、それぞれに個性があって面白いです。

また17種類まで増えたことで、軽めの香りから重たい香りまでそれぞれのニーズに合わせた香りが見つかりやすくなったと思います。

個人的に全く違った方向性なのにそれぞれに違った色気を感じるような気がして、そこもいいなと思っています。

皆さんにもぜひ全種類試して頂きたいところですが、お店が遠くて試せないとかもあると思うので、僕が良かったと思った香りを参考までに紹介しようと思います。

では早速紹介していきます。

 

僕がおすすめするペンハリガン  ポートレートの香り5選

 

ザ コヴェテッド デュシェス ローズ(誰からも愛されるローズ公爵夫人)

出典:PENHALIGON'S

 

作品を最初に試したのは、2018年に発売されたこのセントライブラリーでした。

 

ポートレートシリーズでも最も万人受けする香りの一つでローズの香りが好きな僕も一瞬で魅せられました。

ぱっと嗅いだ感じでは可愛らしいローズ香ですが、ちょっと石鹸っぽいムスク調のウッディノートがしっかりと香ります。

可愛さもあり、女性的な色っぽさも感じる香りです。

バラの香りの香水が好きな方にはぜひ一度お試し頂きたいです。

調香師(作者)はクリストフ・レイノーで世界的大ベストセラーとなったパコラバンヌワンミリオンの作者でもあります。

誰かに摘み取られるのを待っている若い公爵夫人を表現した香りとのこと。

クリストフ・レイノーの他の作品にはランコムのラニュイトレゾアなどがあり、色っぽい香り作りが得意なのかもしれません。

 

 

ザ トラジェディ オブ ロード ジョージ(ジョージ卿の悲劇)

出典:PENHALIGON'S

 

ジョージも最初に試したのは、セントライブラリーのセットです。

ジョージもいい香りですが、最初ちょっとクセを感じました。

面白いのは、ジョージはブランデーとシェービングソープがノートに入っていること。

想像したのはスーパーとかの市販品ではなく格式のある床屋さんとかにある、このブラシでもこもこにするやつ。

 

出典:manface

 

そういえばペンハリガンは元々男性の高級美容院が始まりのブランドだったのを思い出し妙に納得しました。

よくある悪く言うとおじさんの香りとも取られるフゼアとかの香りではなく、ダンディでだけど妙にモダンさも感じる本当に上手い調香を感じた香りです。

香りも良いのですが、ジョージのボトルはホントにボトル買いしても良いレベルでカッコいいと思います。

調香師はデパートの香水売り場の約半分の香水を作ったと言われるアルベルト・モリヤスさん。

個人的に彼自信によく似合いそうだと思いました。どんな方か知りたい方はアルベルト・モリヤスさんぜひ調べてみてください!

 

 

ザ ブレイジング ミスター サム(情熱的なアメリカ人ミスターサム)

出典:PENHALIGON'S

 

この作品はぜひたくさんの人に試して欲しいと思ったいい香りでした。

この香りも後述するデュークもそうですが、男性的な色気と個性を感じる香りで購入の最終候補に入っていました。

トップのスッキリした香りから一変ミドルノートになると温かみを感じる野生的な香りがしてきて、甘いバニラとシナモンの背後に感じるのは控えめに薫るタバコの煙さ。

香りの構成の割に不思議と重たさは感じないのですが、甘くて何かねっとりしているというか、ちょっと独特であまり嗅いだことがない香りだなと感じます。

使い易い印象ですが、男性的な独特の艶感があって面白いなと思いました。ハマる人多そうです。

あとミスター〜とついてるとこにもやっぱり惹かれました!

こちらの作品の調香師もクリストフ・レイノーでローズ公爵夫人と同じ調香師さんの作品です。

サムとローズ公爵夫人は、同じ調香師の作品ということで物語には2人には関係を匂わせる記載があります。

この辺も面白いなと思いました。

 

 

マッチ アド アバウト ザ デューク(お騒がせネルソン公爵)

出典:PENHALIGON'S

 

デュークはトップから気に入った作品で、同じペンハリガンのジュニパースリングに共通するシャキッとしたお酒のジンの香りからはじまり次第にレザーを感じるウッディな香りに変化してきます。

個人的にミドルの最初は苦いオレンジのような香りがして、フレデリックマルのビガラードコンサントレという香りに通づるものを感じました。

ミドルに入ってしばらく経つと、つけて10分〜ちょっとアニマリックというか野性味を感じる香りがするんです。

変な匂いとかではないのですが、外国人の男性の体臭と表現された方がいて笑いましたw 確かにって。

何かよく分からないレビューとなりましたが、スッキリしていて男らしくちょっと野性味を感じるお洒落な香りとまとめます。

僕の好みとしても2番目に入りました。

もう一回言います。変な匂いではなく良い香りですよ!

 

 

最後に僕が選んだ香りを紹介します。

 

ローイング  ラドクリフ(享楽的なラドクリフ)

 

 

悩みに悩んだ結果、限定品以外は日本未発売品も含め全て試すことになりました。笑

そしてそして最終的には似合うかより自分が一番惹かれた香りを追求して選んだ結果、ついに購入した香りがこちら。

ローイング ラドクリフです!

トップこそスッキリしていますが、トムフォードのタバコバニラにも似てると言われているラドクリフは、冬にぴったりのちょっと重めの香り。

ミドルからの煙くしっかり香るタバコに、甘いお酒のラムとハニーのノートは組み合わせとバランスが最高で、嗅いだ瞬間にぐっときました。

あとミドルは特に甘さの煙たさの中に、生姜のようなピリッとする香りを感じます。

 

 

それはこんな感じの見た目の生姜を使った伝統的な洋菓子、ジンジャーブレッドの香りを表現したノートが入っているのだそうです。見た目が可愛すぎて想像がつきませんが。。匂いがわかる方は参考までに。

全体的な香りのイメージとしてはとてつもなくダンディでセクシーな香りなのですが、もう似合うとかどうでもいい良い香りだ欲しいという気持ちが湧き上がり購入に至りました。

始まってから消えるまでクールでセクシーな香りは、自信に満ちていながらミステリアスな一面も持つ前述したジョージ卿の隠し子ラドクリフを絶妙に表現しています。

調香師は女性の調香師ダフネ・ブジェさん。

最終候補まで残ったデュークもこの方の作品です。

他のブランドではルラボのローズ31などが彼女の作品になります。

自信をくれる香りとして、これからも大事に使っていこうと思います。

 

 

まとめ

 

今回はペンハリガンのポートレートシリーズを紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか。

これまでにたくさんのブランドのたくさんのラインを試してきましたが、シリーズ全てをじっくり試したのは自分でも珍しく強烈な魅力を持ったシリーズだなと思いました。

今後も新作発表を楽しみに待つことにします。また散財かな。

記事について分からないことや香水について知りたいことなどありましたら是非Twitter(@MrFragrance_jp)または、コメント欄にリプライを送って下さい。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください