LUSH(ラッシュ)新宿で香水のコンサルテーションを受けた感想&香りレビュー

 

町の方に出かけていくとよく目にするラッシュのお店。

商業施設や百貨店などで見かける良い香りが漂うカラフルな石鹸の量り売りや、バスボム、泡ボウルでの実演が有名かと思います。

今回は先日行ってきたラッシュのコンサルテーションと、僕が選んだ香水を紹介していこうと思います。

結論から言うとラッシュのコンサルテーション凄くおすすめです。

普段の香水売り場の接客で感じていた焦りや物足りなさみたいな感情がなくて、とても良い香水選びが出来ました。

 

以前ツイッターでも報告致しましたが、ありがたいことに今回ラッシュジャパン様にお誘い頂きまして、ラッシュ新宿店に伺って参りました。

記事更新が遅くなりすみません、、

たくさんの店舗を持つラッシュですが、意外とどんなブランドなのかを知る機会は少ないと思います。

そこでまずはラッシュとはどんなブランドかについて少し紹介してみようと思います。

 

ラッシュとは

 

ラッシュとはイギリスで創業したブランドで2019年6月現在にはなんと49ヶ国に約930店舗も展開しています。

日本のラッシュのお店は、2019年現在83店舗。

今回伺った新宿店は日本の旗艦店となります。

香水においては世界で5店舗しかないフルラインナップ展開なのだそうです。

 

ラッシュ製品の大きな特徴のひとつに他社の製品に比べ、環境や社会問題へ配慮した製品作りが行われていることが挙げられます。

詳しく知りたい方のためにラッシュの考えが少し分かる大きな特徴を4つ紹介してみます。

 

エシカルバイイングポリシー

出典:ラッシュ公式

 

ラッシュは高品質な原材料を求めるため、実際に現地に赴いて原材料を探し続けているのだそう。

そこでフェアトレードといって立場の弱い生産者を守るため公正で対等な取引を積極的に支援しています。

コンサルテーションにご一緒頂いたスタッフの方も、実際に原料の調達を行う福島県や熊本などにも足を運んでいるとおっしゃっていました。

 

ヴィーガン&ベジタリアン

出典:ラッシュ公式

ヴィーガン(絶対菜食主義者・純粋菜食主義者)

ベジタリアン(菜食主義者)

ラッシュはヴィーガン及びベジタリアン製品を積極的に取り入れており、7割ほどが対応している製品で動物性のものが一切含まれていないそうです。

また、実際にラッシュのショップスタッフは一般企業の10倍以上ヴィーガンやベジタリアンの方がいるのでそう。

 

化粧品のための動物実験反対

出典:ラッシュ公式

 

人類は化粧品や薬など製品づくりを行うにあたって危険性や安全性を確保するために長い間、動物を実験台として使ってきました。

しかし現在人間のため動物を犠牲にするのはいけないという動きが広がり、EUでは動物実験を用いて開発された化粧品の販売が全面禁止となりました。

日本ではまだ義務付けが行われていない中ラッシュの製品は全て動物実験を行われて作られています。

 

ネイキッド製品

出典:ラッシュ公式

 

こちらも見てわかるラッシュ製品の大きな特徴になります。

ネイキッドというのはという意味。お店に並んでいる製品を見て思ったのがほとんどの製品が必要最低限のパッケージまたは、パッケージなしで販売されています。

 

以上4つ特徴を紹介してみました。

ラッシュが少し分かってきたところで本題のコンサルテーションについて紹介します。

次はコンサルテーションについて紹介して行きます。

 

ラッシュのフレグランスコンサルテーション

 

コンサールテーションって何?

まずコンサルテーションとはお客さんの悩みに対して解決策を示して助ける話し合いなどを指します。

最近香水でもコンサルテーションを行うお店が増えていて、ゲランのフレグランスコンサルテーションが有名かと思います。

大まかな流れとしては、お客様と話しながらお客様のニーズにあった香りを選ぶのですが、

それではふわっとし過ぎているので今回受けたコンサルテーションの一連の流れを紹介してみます。

 

コンサルテーションの流れ

 

まず担当のスタッフの方が席に案内して頂きました。

スタッフの方と軽い雑談をしながら、好みの香りの質問に移っていきます。

僕は普段から香水を良く使うので、普段使っている香りや、好みをヒアリングして頂きいくつか香りを選んで頂きました。

僕はウッディ系の香りが欲しかったので、今回ウッディ系の香りをお願いしました。

 

 

ここで一つラッシュコンサルテーションの良いところを見つけました。

香水マニアとかでは無い限り、どんな香りが好きかを上手く言葉で表すのは案外難しいと思っています。

例えば「甘い」「軽め」「柑橘系」など..この辺が限界なのではないかと思います。

しかし、ラッシュのように50種類近く種類の展開がある場合、このくらいの例えではなかなか種類を絞り込むことは難しいのが現実です。

ここでラッシュのフレグランスのスペシャリストの方と細かくコミュニケーションをとれることは大きなアドバンテージになります。

どんな香りかの説明+その香りが作られた背景などを聞くと不思議と自分が求めている香りがはっきりしてきます。

知識豊富なスタッフさんが、他社のお気に入りの香りなどもこっそりと教えてくれたりしながら、リラックスしてフレグランス選びの会話を出来たのもとてもよかったです。

雰囲気は凄く大事。

 

出典:ラッシュジャパン

 

例えば僕が提案して頂いた香りのひとつ、ディアジョンというフレグランス。

ラッシュの社長さんが父親のために作った香りで、お父さんと過ごした山小屋で過ごした記憶を元に作られています。

山小屋の松の木の香り、入れたてのコーヒーやタバコの香り。お話を聞きながら情景を思い浮かべて嗅ぐと、本当に安心感を感じるような香りで心地よかったです。

 

出典:ラッシュジャパン

 

次に提案して頂いて最後まで迷った香りサラリウム

こちらの香りのインスピレーションは、南仏への旅。

ベースのサンダルウッドの周りに香るのはよくあるローズより深みのあるダマスクローズや爽やかなネロリの香り。

クセも少なく、かつ特徴がありこれは名作だと嬉しくなりました。

しかし、僕には大好きなリッチな香りがあったので最終的には別の香りを選びました。

 

 

そして僕が選んだゴッデス

女神を意味する香りのこの作品は、サンダルウッドやウードがメインの香り。

そこに金木犀の少し粉っぽいフローラルと、やはりラッシュ香水にたくさん見られる精油っぽさを感じるジャスミンの香り。

レモンの芳香を感じる(入ってないけど)トップとフローラルと複雑に合わさったウッディな香りが面白くて、サラリウムに比べると好き嫌いは別れる香りかと思いますが、ハマる人はとことんハマる香り。

そんな濃い魅力を感じることの出来る作品です。

個人的にウッディノートの香り方は、トムフォードのウードウッドにも近い感じがします。

 

ラッシュ香水の特徴と良いところ

 

香水ブランドによっては単調な香りが多いブランドも見られる中、ラッシュのフレグランスはバリエーションに富んだ特徴の香りが多いです。

具体的には、ニッチフレグランスと呼ばれる貴重な香料を使用して作られる香水のような、天然香料のざらつきをあえて残したような複雑な香りが多いなと感じました。

良い香りの中にもその香水にしかない特徴を持つ香り。

好みとは別にして、ラッシュには良い香水だなと感じた香りがたくさんありました。

 

片手間では無い香水に込める情熱

 

ラッシュのメインとして販売されている商品が、バスボムや石鹸ということで香水は片手間かと思われている方侮ることなかれ。

約50種類ある香水は全て自社の調香師による開発、自社製造となっていてフレグランスの専門ブランドにも滅多に無い一貫製造となっています。

さらには、社長自ら調香技術を勉強し、調香にも携わるなど並々ならぬ拘りを感じます。

また、今回伺った新宿店のスタッフの方もこのコンサルテーションのためにしっかりトレーニングを積まれており、香りの一つ一つの作られた背景、他ブランドの商品にも詳しかったです。

 

まとめ

 

今回はラッシュのコンサルテーションを実際に受けてみた感想を書いてみましたが、いかがでしたでしょうか。

高い商品を買う時ってそのブランドの世界観も込みってところがありますよね。

今回コンサルテーションで強く感じたのが、スタッフさんとのコミュニケーションによってラッシュの世界観に一気に入り込めるというところでした。

最近は予約制や、有料でのコンサルテーションもある中、ラッシュさんは予約なし無料で体験出来るとのことでしたのでぜひ皆さんにも体験して頂きたいなと思っています。

普通の接客では焦って冷静に香水を決めれないという方、商品についてしっかり知ってから買いたい方などなど、様々な方のニーズを満たす良い場になると感じました。

検索だけでは知ることの出来ない小話なども聞けてきっと新しい発見があると思います。

僕も今回好きな香りを見つけることが出来ましたが、一つ心残りなのは事前予習で気になっていたカルダモンコーヒーという香りを試し忘れたこと。

しかも近くのラッシュには置いてないんです..次回こそは。

記事について分からないことや香水について知りたいことなどありましたら是非Twitter(@MrFragrance_jp)または、コメント欄にリプライを送って下さい。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください