モレキュール01の購入レビュー【ムスカラフェロジェイとの比較も紹介】

 

先日遅ればせながらイギリスの香水ブランドエセントリック・モレキュールズモレキュール01を購入しました。

調べてみると2015年に有吉ジャポンで「フェロモン香水~」みたいな感じで放送されたこともあるみたいですね。

今回、同じくアンチパルファンを掲げているフエギアムスカラフェロジェイを海外の香水量り売りサイトで購入したので、この両者を比較しながらレビューしていこうと思います。

もう一つフォーミュラXという香水がありますが、それは追記で書いていこうと思います。

今回比較するモレキュール01とムスカラフェロジェイは両方とも「アンチ・フレグランス」を掲げています。

香りがないフレグランスとか人によって香りが変わるなどと言われている両者ですが、

実際のところどうなのかというのを今回比較して試していこうと思います。

公式サイトを見てもらうと分かるのですが、この2つのブランドは個人的にエセントリック・モレキュールズは科学の研究所のようなイメージ、一方フエギアはオーナー兼、調香師でもあるジュリアン・ベデルがデザイナーや音楽家ということもありアーティスティックなイメージのブランドです。

そのため香りに対する表現の仕方はまったく異なっていると言ってもいいと思います。

今回は方向性の異なる2つのブランドが作った「アンチフレグランス」の香りを比べてみようと思います。

 

まずは2つの香水の説明からしていこうと思います。

まずはモレキュール01から

 

モレキュール01とは

※私物の100mlボトル

13歳のときには100種類の香りを区別できたという逸話を持つ調香師で、高い感性を持つドイツ人調香師ゲザ・ショーエンのプロデュースにより作られたブランドエセントリック・モレキュールズというブランドの代表作です。

エセントリック・モレキュールズの製品は、日本だとバーニーズニューヨーク、トゥモローランド等に取扱があります。

 

出典:cafleurebon.com

 

ゲザ・ショーエンは香料会社で12年勤務、ディーゼルの香水の調香師も務めたことがあります。

多くの香水は数百種類の合成香料または天然香料を用いて作られていますがモレキュール01の場合、Iso E SuperというアメリカのIFF社が特許を取得している1種類の合成香料のみで構成されているというのが最大の特徴です。

トップノートがベルガモットでミドルがジャスミン、ラストがサンダルウッドのような概念すらも存在しないということですね。

このIso E Superという香料は多くの調香師を虜にしてしまうほど調香師にとっては特別な香料のようです。

実は今までにIso E Superを高い割合で使用した香水はディオールのファーレンハイトが25%、アバクロのフィアースが45%、エルメスのテールドエルメスが55%と有名香水にもありました。

しかしIso E Superのみを使用した香水はもちろん今までには一度も存在したことは無くて、この調香放棄かとも思えるぶっ飛んだ発想がフレグランスの界隈で注目を浴びました。

 

ムスカラフェロジェイとは

※ラッキーセントという海外の香水量り売りサイトで購入したサンプルを百均で買ったアトマイザーに移し替えました。

 

ムスカラフェロジェイは調香師の他にアーティスト、弦楽制作者、デザイナーと多くの顔を持つ、ジュリアン・ベデルによって作られたフエギアというブランドの香水です。

出典:FUEGUIA 1833

 

フエギアの店舗はこういった感じの洗練された雰囲気で、日本では六本木のグランド・ハイアット東京にフラッグシップストアがあります。

8つのコレクションに分かれている中のムスカラのカテゴリーにあるメインフレグランスで、ムスカラの他の種類はこのムスカラフェロジェイに一つの香料を加えて作られています。

フエギアは彼自身が影響を受けたパタゴニアの自然、文化、歴史や人物からインスピレーションを受け最高の植物由来の天然香料を元に作られている今香水好きの中でも注目を浴びているメゾンフレグランスブランドです。

フエギアの香水の中でもこのムスカラフェロジェイは肌の香りを構成する分子を吸着して揮発させることでその人の肌本来の香りを引き立てることを目的として作られていて、アマゾンの催淫効果を持つ植物の香料を調べて発見した香りを持たない分子を採用している香水です。

 

では実際に香りを比較していきます。

 

香り

第一印象の香り

 

モレキュール01は、手首に直接つけると1分程度で土臭いようなベチバー(乾いた草のような香り)のような香りがしてきます。

対してムスカラフェロジェイはアルコールが飛んで数秒ほどで優しい甘さのあるムスク+ミントのような香りがしてきます。

肌につけてすぐの第一印象はモレキュール01は土臭い、男性的な感じ。ムスカラフェロジェイは素直ないい香り、女性よりなユニセックスな香りの印象でした。

 

しばらく経ってからの香り

 

僕以外の数人に協力してもらったのですが、両方ともつけて数分後までは人による違いはあまり感じられませんでした。

その後ムスカラフェロジェイは10分後くらい、モレキュール01は1時間~2時間後くらいに違いを感じてきました。

モレキュール01は大幅に変化して僕の場合、ベースにウッディな香りがあって、ムスクっぽい少し甘い香りが混じっている感じがします。

協力してもらった数人はベースのウッディな香りは同じですが、スパイシーさが際立っていたり、僕のように甘さを感じたりと目立つ香調に差が出ました。

またつけたすぐに感じるスパイシーで土臭いような香りが消えてベチバーシダーなどの自然なウッディに変化したように感じます。

ムスカラフェロジェイはもともと淡いいい香りがありますが、男性は甘いムスクが強く出る人、ウッディノートが強く出る人など割とすぐ違いが分かる印象でした。

女性にはあまり変わらない人もいてモレキュール01よりも香調の差を早く楽しめる印象がありました。

 

 

まとめ

 

僕は自分の肌の相性も含めてモレキュール01は最近買った香水の中でも上位に入るくらいいい香りで気に入りました。

モレキュール01は正直付けたすぐの香りは直接嗅ぐと土臭い感じがして好きではありませんが、その後大幅に香りが変化してその香りがとても好きです。

人によって香りが変わるということから両者ともフェロモン香水などと呼ばれていることがあるようですが、実際にはフェロモンのような効果があるという証明はされておりません。

しかし人によって香りが変わるということは世界に一つしかない自分の香りが作れるみたいで魅力を感じますよね。

個人的に今回比較した両者に人によって大きな香り自体の差は分かりませんでした。

なので人によってフローラルの香水になる人とウッディの香水になる人がいるなどと極端な差を期待して嗅ぐとがっかりしてしまうかもしれません。

ベースには同じ香りがあり、甘さが強く出たり、スパイシーさ強く出たりと目立つ香調に差が出るといった表現が適切だと思います。

ただ他の香水に比べると人によって違いが出やすいのは確かでアンチフレグランスやスキンパフュームと呼ばれる所以は分かりました。

どちらも素晴らしいブランドですので、是非店舗に足を運んで他の香りも試してみて下さい。

 

モレキュール01の感想をぜひお気軽にお聞かせ下さい。皆様の投票をお待ちしております!

モレキュール01は好きですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...

 

 

記事について分からないことや香水について知りたいことなどありましたらTwitter(@MrFragrance_jp)

または、コメント欄に是非リプライを送って下さい。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

3 COMMENTS

なこ

こんにちは、はじめまして。

モレキュール01、香りがしなくて困惑している者です。そんなこともやっぱりあるんでしょうか?
先日彼にプレゼントしたのですが、数時間経過しても香りが最初のうすーいまま。
当人にはわかりにくいという噂はかねがね了解していたものの、隣にいる私にも香ってきませんでした。
彼は手首に2プッシュしてましたが、もっとたくさんつけたらもう少し香るのでしょうか。
私も借りて肘の内側につけてみたのですが、彼よりは香っているような……?自分でははっきりとわかりません。
腹部など、体温が高くこもる場所につけるほうが香るのでしょうか?
すでに渡してしまった手前自分を実験台にするわけにもいかず、いっそ自分用にもうひとつ買おうかとすら思っています 笑

他の方にも試しておられるとTwitterでお見かけしたので、是非お尋ねしたいと思ってコメントさせていただきました。
以前の記事にすみません、お時間あれば教えていただきたいです。

返信する
Mr fragrance

はじめまして。コメントありがとうございます。
返信が遅れてしまい申し訳ありません。

モレキュール01は確かに香り自体が弱くて巷で絶賛されている香りに変化するまで結構時間がかかります。
僕も同じような経験をしていました。
出かける前に肌に数プッシュして出かけても香りの変化を感じるどころか香りが消えてしまいますよね。

色々方法を試した結果、香りが飛びやすいので直接肌につけるより体温の高い場所と直接接する衣類の方につけるのが一番だと思いました。

また、体温の高い方が香りが出やすいので、もし体温が低めの体質であれば思い切って5プッシュとか多めにつけてみると変わってくると思います。(モレキュール01は多少つけ過ぎてもほぼ香害にはなりません。)
僕はジャケットの首元の裏側(ラベルがある部分)につけているのですが、出かける前日に3プッシュしていますが、自分にも香りが分かるくらいまで香ってきます。

香り自体はホントに素晴らしくて、特に変化した後のウッディベースの香りは最高です。
モレキュール01をプレゼントされるなんて凄くお洒落な方なんだろうなと思います。
どうか気を落とさずに試されてみてください。

返信する
なこ

早速のお返事ありがとうございます!
同じ経験をされたということでほっとしました。
Twitterでも襟裏につけているとおっしゃっていましたが、そのような理由だったのですね。ぜひ試してみてもらおうと思います。

モテ香水エピソードばかりでなかなか有用なレビューが見つからなかったので、プレゼントとして選ぶ段階から本当にとても助かりました。
またブログもTwitterも覗かせていただきますね。ありがとうございました!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください